2006年10月04日

感謝状マグカップ

エレベーターが満員でドアが閉まらなかったとき、あの沈黙とドア側の注目度満点な状態で、一人エレベーターを降り、次のエレベーターに乗る人たちの先頭に並び直す人、あなたの一連の作業を多人数から凝視されるの恐れず、自分を犠牲にしてまで他人に尽くす行為に対し、大変賞賛に値する。

私より痩せてるのに、降りてくれてありがとうm(_ _)m
感謝です。
posted by 仏ッチ at 22:28| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする