2020年09月13日

私の本の価値は私が決める。

大人買い書籍
大人買い書籍 posted by (C)いむっち

書店のワゴンコーナーに値下げされた本。

覗いてみると、「日本の大名・旗本のしびれる逸話」?
あら、面白そうな本が、・・・ってあれ?
七十二候?
これ、「日本の〜」シリーズ?
ん?
何冊ある?
6冊も!
新品だしいくらよ?
ひゃく、
・・・ひゃくえん!!!???
出版社の倒産?(後で調べたら民事再生申請とのこと)
穴のあくほど、とはよく言ったものだというぐらい値段シールを見つめてしまいました。


実は、コロナ禍の夏、かつてない本腰で断捨離進行中。
本棚も少しずつ少しずつ進行、手元に置きたい本を一生懸命選び抜いています。
本が大好きな自分と真剣勝負、大討論をしながら、新しい知識や感動がやってくるスペースを確保しよう、と。
読みたい本はまず図書館の所蔵をチェック、なければよくよく検討して購入する、を大原則にして、
しょっちゅう本を送ってくる父親にもストップをかけ、それなのに!辞典を!2冊も!荷物の隙間埋め!?とか言って送って来て血の涙を流して倒れた(ような気持ちになった)りしながら、
こんな本買って、こういう人に見られたかったんだな、とか自分を発見しながら、整理と処分に励む真っ最中。

そんな状況にあって、購入にかなり逡巡しましたが、がんばって開けたスペースに来るべくして出会ったのだと思い、結局6冊購入しました(笑)
整理・選抜はまだまだ続けながら、
ゆっくりゆっくり読み込んでいくのが楽しみです(´▽`)

(およめ)

100円ワゴンにお宝
100円ワゴンにお宝 posted by (C)いむっち

私の本の価値は私が決める。
私の本の価値は私が決める。 posted by (C)いむっち
posted by 仏ッチ at 21:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする