2014年10月16日

検察庁より電話

昨日、検察庁から電話が来ました(なぜか汗)


警察署から送検された調書の内容についての事実確認でした。

「検察庁の人は味方」、と教えられていたので(笑)、

事故当時の状況や、相手の対応のひどさ、けがの苦しみなど聞かれるままに伝えました。

(経過見舞いなど一切ないと言ったら検察の方も驚いていました。やっぱこれヒドイんですね)

なんかチクってるみたいで非常にあと味悪いんですけど、しょうがない・・・。


結果は通知してくれるんだそうです。

呼び出されたらタクシー代数万円は要覚悟なのでちょっと心配していたのですが、電話で済んじゃいました。

これってダイジョウブですよね・・・(´・_・`)


(およめ)


「取り調べ室でカツ丼は出るのか、身を呈して検証A」の記事はこちら ⇒
posted by 仏ッチ at 10:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック