2015年09月27日

江戸紙切りで名月鑑賞


中秋の名月、なんとか晴れてきれいなお月様が見られました。

我が家はお団子ならぬおはぎを食べて、こんなお月様も眺めています。


江戸紙切り「お月見」 桃川忠
江戸紙切り「お月見」 桃川忠 posted by (C)いむっち


江戸紙切りの桃川忠(ももかわちゅう)さんの作品です。

満月の中に飛び跳ねる2匹のうさぎさん。

月明かりに押されて波を切る宝船。

その船影と月影が水面に写っているという細かい構図。



江戸紙切り「お月見」 宝船とうさぎ
江戸紙切り「お月見」 宝船とうさぎ posted by (C)いむっち


これは浅草・木馬座で「伝統大道芸名人会」を見た時に、

「そこの口を開けて見ているお姉さんに差し上げます」と言って壇上から直接いただいたものです。


伝統大道芸名人会2004
伝統大道芸名人会2004 posted by (C)いむっち


当時のチラシの日付を見てびっくり、11年前ですΣ(゚Д゚)。

紙切りってお題を叫ぶ勇気がなかなか出ないので、とても嬉しかったのをよく覚えています。



本物と見比べて、たのしいお月見です。


(およめ)





posted by 仏ッチ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・ミュージアム・パーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック