2019年02月18日

「ファースト・マン」と共に月面へ

「ファースト・マン」
「ファースト・マン」 posted by (C)いむっち


「ファースト・マン」を鑑賞。

動と静、音楽と映像美の映画。


轟音と振動、計器の数値、3次元ぐるぐると光に酔い、

静寂と冷気と延々続く生死の淵に神経が張り詰める思いで見届けました。


静かの海でのシーンは一部「これ史実?」なのですが、

一見淡白な壮絶なる想いと体験を経て、まさに「たどり着いた」月面で

ファースト・マンとして体感するものって・・・??

と、宇宙の美しさと緊迫感に息を止めて凝視してしまいました。

帰還後のシーンは自分の持っていたイメージと違っていて少し驚きましたが、

一通り見てくると「ああ、そうか、そうなるか」と腑に落ちました。


帰り道、月を見上げた時のなんとも不思議な感覚・・・(笑)

果ての見えない広大な宇宙空間に寄り添って浮かぶ近くて遠い隣人、

静かで美しいなあ・・・(´▽`)


(およめ)


posted by 仏ッチ at 23:15| Comment(0) | 映画・DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]