2019年05月05日

益子焼陶器市に行く

信楽焼のポンタくん
信楽焼のポンタくん posted by (C)いむっち

毎年気にしてきたが、行くきっかけがなかった益子焼陶器市。
鉄道で行くことにしました。

関東鉄道常総線を北上して真岡鐡道で益子へ。
常総線真岡鐡道共通一日自由きっぷがあるので、とても便利です。

常総線真岡鉄道共通一日自由きっぷ
常総線真岡鉄道共通一日自由きっぷ posted by (C)いむっち

真岡鐵道で汽車は乗れず
真岡鐵道で汽車は乗れず posted by (C)いむっち

益子につくと、道のあちらこちらに陶器を出店しているのを、
たくさんの客が楽しそうに品定めをしていました。

益子焼窯元共販センター
益子焼窯元共販センター posted by (C)いむっち


たくさんありすぎてすごく悩みました。
店ごとにオリジナリティがありとても魅力的でした。

さらーと全体を見た後、特に気になった店を数点ピックアップして
じっくり悩みます。

大壺(現代の名工)
大壺(現代の名工) posted by (C)いむっち


今回はお皿と茶碗、湯呑みを選びました。
どれも気に入っています。

大塚健一氏現代創作角小皿
大塚健一氏現代創作角小皿 posted by (C)いむっち

おさかな湯呑セット
おさかな湯呑セット posted by (C)いむっち

火鳴窯お茶碗ペア
火鳴窯お茶碗ペア posted by (C)いむっち

常総線真岡鐡道共通一日自由きっぷ記念品
常総線真岡鐡道共通一日自由きっぷ記念品 posted by (C)いむっち


鉄道でゆっくり風景を見ながら行くことができて、街全体が陶器ワールドで楽しめる
また新しい楽しい場所を発見した得した気分になりました。

またお気に入りの陶器を探しに旅したいと思いました。

(だんな)
posted by 仏ッチ at 15:53| Comment(0) | 街中散歩 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]