2020年10月12日

直焦点撮影で撮影した中秋の名月と最接近中の火星

中秋の名月と最接近中の火星
中秋の名月と最接近中の火星 posted by (C)いむっち

コメンタリー法では、アイピースにスマホのレンズを当てるとき、
どうしても手が震えてしまい、意図した写真があまりとれませんでした。

特に、火星は光の幅が月よりも小さくて、合わせるのが大変。
コメンタリー用のスマホ固定機材を買ってみて付けたけど、
まだ慣れてないのか、いまいち定まらない。

アイピースのズームをとりあえず諦めて、直焦点撮影でチャレンジしてみました。

月は全体を捉えるのに成功しました。

火星は小さく、やっぱりズームか、望遠鏡自体を変えた方がいかなーと思ってしまいました。

映像はシャープで出来上がりが好きなんですけどねー・・・。

中秋の名月
中秋の名月 posted by (C)いむっち

最接近中の火星
最接近中の火星 posted by (C)いむっち

そういえば、天文機器の情報収集でネットサーフィンしているときに、
たまに自宅の観測地(庭やベランダ)を「○○○○天文台」と名付けている人がいることが分かりまして
あー勝手に天文台を名乗るのもいいなーと思ってしまいました。
ちょっと考えよう。

(だんな)
posted by 仏ッチ at 11:19| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]