2020年10月28日

火星準大接近を機に天文機器を一新!惑星撮影に挑戦し成功!

月
posted by (C)いむっち


2年ごとに火星が地球に最接近するが、今年がその日であった。
無性に新しいことに挑戦したいなと思って、機材を一新して惑星撮影に挑戦することにした。

色々調べたら、SkyWatcherの自動追尾経緯台「AZ-GTi」とマクストフカセグレン式望遠鏡MAK90G
その他、画像加工ツールなどを手にいれて、惑星撮影に挑戦した。

と思っていたところ、天気が悪い・・・・。
雲で星が見えなーい。

セッティングとイメージトレーニングで、火星最接近後にやっとチャンスが訪れた。

月火木土勢ぞろい!!

星の導入と倍率設定が難しい。
自動経緯台とは言え、ぴったり画面の真ん中に星は来ないことが分かった。

ちまちま手動で合わせながらピント合わせ、倍率を大きくしてもぼけてしまって見られないのも分かった。

火星
火星 posted by (C)いむっち

木星
木星 posted by (C)いむっち

土星
土星 posted by (C)いむっち

やっとのことで、ここまで来た。
とりあえず、直焦点撮影とEOS60D装備のクロップ動画(7倍に拡大)で撮影に成功!

もうちょっと大きく撮れないかなと模索はしているけど、とりあえず動画も作ったので、
初めてにしちゃー満足だったな。



木星撮影
木星撮影 posted by (C)いむっち

(だんな)
posted by 仏ッチ at 19:33| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]