2017年04月02日

東山魁夷 唐招提寺御影堂障壁画展

茨城県水戸市の近代美術館へ。

東山魁夷 唐招提寺 御影堂障壁画展 入口
東山魁夷 唐招提寺 御影堂障壁画展 入口 posted by (C)いむっち


茨城県近代美術館
茨城県近代美術館 posted by (C)いむっち


目的は東山魁夷です!

唐招提寺御影堂の大改修で襖絵がまるっとまるまる大公開・・・!

会期終了間際に滑り込みました(;・∀・)

奈良唐招提寺では年に3日間しか公開されないそうですから、

それが茨城水戸ですべて見られるなんて、それはもう当然大人気の企画展なわけです(;'∀')


東山魁夷 唐招提寺 御影堂障壁画展 8万人
東山魁夷 唐招提寺 御影堂障壁画展 8万人 posted by (C)いむっち


東山魁夷 唐招提寺 御影堂障壁画展
東山魁夷 唐招提寺 御影堂障壁画展 posted by (C)いむっち


「涛声」「山雲」をはじめ、水墨画の障壁画も合わせて68面すべてが展示されました。

畳敷きに柱と欄間が組まれ、襖がはめられた展示になっていて、壮観!

波も雲も木々も、そこに漂うように、そこに湧くように・・「幻想的な現実感」。

そして「魁夷の青」。手の届きそうな距離でその色を体感できました。

優しく、凛々しく、溶けてしまいそうな色彩でした。


また、驚いたのが、すでに鑑賞作品として完成されている、小下図・中下図の完成度の高さです。

・・・(;゚Д゚)

入場まで並びましたが、その入場制限のおかげでゆっくり鑑賞できました(*´▽`*)


東山魁夷 唐招提寺御影堂 障壁画展 エントランス
東山魁夷 唐招提寺御影堂 障壁画展 エントランス posted by (C)いむっち



今回の展示ではありませんでしたが、『緑響く』のチケットホルダーと一目ぼれしたハンカチをお土産にしました。

東山魁夷 唐招提寺 御影堂障壁画展 おみやげ
東山魁夷 唐招提寺 御影堂障壁画展 おみやげ posted by (C)いむっち


(私の場合、出会いは国語教科書の「道」、(´▽`)およめ)


posted by 仏ッチ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・ミュージアム・パーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月25日

ダンナサンタ☆降臨


今年も(およめ)のもとにダンナサンタがやってきました♪(´▽`)


ダンナサンタルー
ダンナサンタルー posted by (C)いむっち


以前、LOFTで見てすっかりツボってしまい、

「欲しい〜」と言っていたルー大柴氏の日めくりカレンダー・「今日のルー語」です!!

楽しい〜(´▽`)笑える〜(´▽`)

「キミも、だれにでも愛をギブする人間でいてほしいなぁ。」←←結構いいことが書いてあります(笑)




ダンナサンタは団地ともお
ダンナサンタは団地ともお posted by (C)いむっち


そして「世界の夢の集合住宅」*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)'・*:.。. .。.:*・゜゚・*!!

素敵な本だ〜(´▽`)飽きない〜(´▽`)


世界の集合団地にびっくり
世界の集合団地にびっくり posted by (C)いむっち


ダンナサンタアリガトウアリガトウアリガトウダンナサンタ(´▽`)ノ☆☆


(およめ)
posted by 仏ッチ at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・ミュージアム・パーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月27日

江戸紙切りで名月鑑賞


中秋の名月、なんとか晴れてきれいなお月様が見られました。

我が家はお団子ならぬおはぎを食べて、こんなお月様も眺めています。


江戸紙切り「お月見」 桃川忠
江戸紙切り「お月見」 桃川忠 posted by (C)いむっち


江戸紙切りの桃川忠(ももかわちゅう)さんの作品です。

満月の中に飛び跳ねる2匹のうさぎさん。

月明かりに押されて波を切る宝船。

その船影と月影が水面に写っているという細かい構図。



江戸紙切り「お月見」 宝船とうさぎ
江戸紙切り「お月見」 宝船とうさぎ posted by (C)いむっち


これは浅草・木馬座で「伝統大道芸名人会」を見た時に、

「そこの口を開けて見ているお姉さんに差し上げます」と言って壇上から直接いただいたものです。


伝統大道芸名人会2004
伝統大道芸名人会2004 posted by (C)いむっち


当時のチラシの日付を見てびっくり、11年前ですΣ(゚Д゚)。

紙切りってお題を叫ぶ勇気がなかなか出ないので、とても嬉しかったのをよく覚えています。



本物と見比べて、たのしいお月見です。


(およめ)





posted by 仏ッチ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・ミュージアム・パーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

てっぱくで弁当「〜だんな編〜」

米沢名物牛丼弁当 「牛肉どまん中」
米沢名物牛丼弁当 「牛肉どまん中」

私こと(だんな)は、山形の米沢名物牛丼弁当 「牛肉どまん中」にしました。
牛そぼろと牛肉がご飯の上に敷き詰めてあり、食べてみると絶妙の味付け!!
ちょっと甘味があって、ほおばった時の感動って言ったらないです。

「牛肉どまん中」「東北祭り弁当」ラベル
「牛肉どまん中」「東北祭り弁当」ラベル

ひたすら平らげてしまいました。
弁当が食べられるボックス席車両で外を見ながら食べると、
本当に旅行に行っている感じがしました。

また食べたい!!
つづく

(だんな)
posted by 仏ッチ at 01:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・ミュージアム・パーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

やっと行けた!鉄道博物館〜およめ編〜

おでかけの際は、
それぞれが自分のカメラを持って出かけ、
それぞれの感性で写真を撮ってくる、
という謎のスタイルが定着しつつあります。

というわけで「てっぱく〜およめ編〜」です(´▽`)ノ

ただしこの日は(およめ)カメラを忘れ、まさかの「てっぱく携帯撮影」です(;'∀')ノ
(だんな)ちゃんデジイチには到底及ばないのでトイカメラ機能で遊んでみました。

ヒストリーゾーンの機関車大回転。汽笛の音は体にビリビリ沁みる素晴らしい音。

SN3U1014.JPG


鉄郎の気分で涙が出そうになっちゃいました(;´Д`)

SN3U1013.JPG


鉄道ジオラマも圧巻です。そして、癒される〜。

ジオラマ模型をジオラマ風に撮ってみたり。

SN3U1000.JPG


機関車ゲージ、蒸気が出てる(笑)。

SN3U1005.JPG


子供の波が去った後、ジオラマに見入る大人たち( *´艸`)

SN3U1006.JPG


「0系新幹線」は愛くるしゅうてたまらないし、

SN3U1070.JPG

SN3U1071.JPG


機関車心臓部はかっこよくてたまらないし。

SN3U1064.JPG


そして旅のお楽しみといえばこれも。

SN3U1027.JPG


(およめ)は「東北祭り弁当」をチョイス!

SN3U1030.JPG

東北六県おいしいとこどりです。
((だんな)ちゃん駅弁は「〜だんな編〜」で!)


館外・館内、こだわりの演出がもりだくさん。

SN3U1079.JPG

入口へと続くエントランスのタイルは新幹線の時刻表だったり・・・(゚д゚)!

こんなのは序の口、そういった仕掛けの数々に気づいちゃうことが嬉しさでもある!という、鉄ごころ(多分)を知り尽くした演出に脱帽です。

一日では見きれない、体験しきれない、わんだほーぱーく。
またのご乗車お持ちしておりま〜す、と言われた気分です。


おまけ。

SN3U1074.JPG

SN3U1062.JPG

(およめ)


posted by 仏ッチ at 20:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・ミュージアム・パーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

やっと行けた!鉄道博物館

やっと行けた!鉄道博物館


念願だった鉄道博物館に、やっと行けました!!
すごい楽しい!鉄道好きなんだなぁって実感してしまいました。

開館から閉館までずーっといまして、イベントがたくさんあって
写真をたくさん撮りましたので、選ぶのが大変です!

イベント別にアップしようかなぁ。

テッパクすごいね!なんとなく見に行った展示スペースに、
いきなり寝台特急「富士/はやぶさ」のラストランで使われたヘッドマークが展示してあったり・・・。

寝台特急「富士/はやぶさ」のヘッドマーク
寝台特急「富士/はやぶさ」のヘッドマーク

また行きたいし、飽きない!!
とにかくまた行きます!!

(だんな)
タグ:鉄道博物館
posted by 仏ッチ at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・ミュージアム・パーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月16日

千葉市科学館

千葉市科学館に行ってきました。
CIMG7132.JPG

ここはおもしろい!

CIMG7104.JPG

プラネタリウムがメイン目的だったのですが、

常設展がとても見ごたえありました。

作りも凝っているし、体験できるものがひとつひとつ面白い。

遊んでいるうちにアカデミックな世界へ。

上野の国立科学博物館やお台場の科学未来館と似た雰囲気ですが、

体験モノやワークショップがより多くて、

内容もより身近な感じです。

ひとつひとつ丁寧に見ているとあっという間に時間が過ぎてしまいます。

結局見きれませんでした(^−^;)。

CIMG7133.JPG

(およめ)


posted by 仏ッチ at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・ミュージアム・パーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月09日

「さよなら滝平二郎」展

茨城県立近代美術館へ滝平二郎さんの遺作展に行ってきました。
CIMG7040.JPG

CIMG7061.JPG

CIMG7042.JPG

CIMG7071.JPG


小さい子らから絵本やかるたで親しんだ滝平さんの「きりえ」。

展示作品はどれも本当に素晴らしく感動しました。

特に、色の選び方と組み合わせが素晴らしかったです。

それと構図。人物や動物の感情や台詞が浮かぶような「視線」。
見る人に「風」を感じさせるデッサン力。

茨城県小美玉市出身といことで筑波山や霞ヶ浦がたくさん描かれているところも、より親しみを感じます。


類稀な才能が天に召されたことは残念です。

それでもなお褪せずに多くの人に愛される続けるのだと思います。

閉館間際には図録も売り切れ、増版の購入予約にも人だかりができていました。

多くの人に愛される滝平さんの作品、全国を回ってより多くの人が見られるといいなあと思いました。


CIMG7061.JPG
美術館前の梅の木にはもう梅の花が開いていました。
びっくり!(およめ)

posted by 仏ッチ at 20:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・ミュージアム・パーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年12月27日

JAXAiに行ってきました。

HI360005.JPG

12月28日で閉鎖されてしまう、日本宇宙開発が手軽にわかる場所、
丸の内オアゾにあるJAXAiに行ってきました。
ロケット、衛星を中心に資料の公開をしています。

大きなエンジンの展示、はやぶさの特設展示、
たくさんの人たちが見に来ていました。

はやぶさに対して応援ノートがあり、
熱い思いがたくさん書き込まれていました。

閉鎖されるのはとても残念ですが、
宇宙を身近に感じさせてくれるきっかけを
これからも作っていってください。

HI360006.JPG

(だんな)
posted by 仏ッチ at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・ミュージアム・パーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月28日

ポスト印象派アート

友人がチケットを入手したとのことで、
お誘いいただいて国立新美術館に行ってきました。

平日と言うのにすごい人。やはり人気の展覧会です。

(およめ)のお目当てはゴッホの「星降る夜」、

フェリックス・ヴァロットンの「ボールで遊ぶ子供のいる公園」。

ゴッホの絵って、もはや彫刻ですよね。

実物を見てみて良かったのは…

@ドガ…構図がかっこいい。

A「オルフェウス」…とにかく綺麗。でも湿った空気が漂っていて、「雨月物語」のような、「今なんか見えた?」みたいなちょっとヤな感じが滲んでいます。

Bアンリ・ルソー「蛇使いの女」…元祖へたうま。でも癖になる強烈な世界観です。

Cモーリス・ドニ…絵がゆらゆらしていて、一瞬目が眩むような感覚に陥ります。でも童話の風味があって、特に「木々の中の行列・緑の木立」は色使いがとてもよかったです。

機会がある方は是非。(およめ顔1(うれしいカオ)
posted by 仏ッチ at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 美術・ミュージアム・パーク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする