2020年09月29日

望遠鏡の自動追尾化計画

AZ-GTi自動経緯台
AZ-GTi自動経緯台 posted by (C)いむっち

35年前に親に買ってもらったミザールの望遠鏡を、いつの日か自動追尾化したいなと思っていました。
赤道儀という三脚に装着すると自動で星を追尾してくれる機械があるのですが、高価で手が出せていませんでした。

しかし、ついに手が届く価格で評判もいい機会が登場してくれました!

AZ-GTi自動経緯台!!

電源スイッチ系
電源スイッチ系 posted by (C)いむっち

なんと自動制御システムがスマホのアプリでできるという、画期的なものでした。
これならなんとか手持ちの望遠鏡で追尾しながら写真が撮れそうだと思い、熟慮の末にポチリしました。

セッティングも簡単で、手持ちの三脚に設置できました。アリガタプレートは別途購入して、
望遠鏡も装着完了。

30年物の望遠鏡と最新の経緯台
30年物の望遠鏡と最新の経緯台 posted by (C)いむっち

AZ-GTiのサイドに装着する形です。

ミザール屈折望遠鏡を取り付けた
ミザール屈折望遠鏡を取り付けた posted by (C)いむっち

ちなみに、赤道儀と、今回導入した経緯台の違いですが―。

経緯台はカメラ用の三脚と同じく、上下方向と水平方向に望遠鏡を動かせます。
一方、赤道儀は天空の中心(北半球なら北極星)を軸として、星の動きと同じ円を描く動きをする架台です
(参考資料:ケンコー・トキナー 「経緯台」「赤道儀」の違いは何ですか? 抜粋)

アライメントという、自動追尾するためのセッティングをしながら、数日の曇り空が晴れるのを待ちました。



そして、やっと星が見れた日。

試してみたら、便利ですねー!アライメントも慣れればすぐできます。
今回は2つの星を基準にして、望遠鏡の向きを北向きにして地面と水平にし、設定した2つの星に合わせたら
十字ボタンにて星の位置を画面真ん中に微調整すれば完成です。

久々にアイピースを付けて見てみたら、火星がとても明るく輝いていました。
スマホをアイピースあてて撮影する「コリメート方式」で撮影したら、カビなのかホコリなのか
汚く映りました・・・。

月 コリメート方式 スマホ
月 コリメート方式 スマホ posted by (C)いむっち

火星 コリメート方式 スマホ
火星 コリメート方式 スマホ posted by (C)いむっち

カビじゃまずいな、鏡筒には乾燥材を入れていたんだけど、アイピースにはビニール袋に入れているだけだった。

次回は一眼レフでアイピースなしの直焦点撮影にチャレンジしてみよう。

(だんな)
posted by 仏ッチ at 09:47| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月03日

明るい空と白く光る月

明るい空、白い月
明るい空、白い月 posted by (C)いむっち

まだ太陽が出ている時に上がってくる月も、とても綺麗ですね。

月明りが夜のピッカリと違って、白く光っている。

最大級のクレーター
最大級のクレーター posted by (C)いむっち

清廉としていてとても好きです。

(だんな)
ラベル:白い月
posted by 仏ッチ at 23:48| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月20日

明日は夏至の部分日食

チンダル現象が出てるから
チンダル現象が出てるから posted by (C)いむっち

ショッピングモールの屋上に車を止めると、とてもきれいなチンダル現象が。

明日は夏至で部分日食が見られる天文の一大イベント。

見れるといいな。

あのチンダルに願いを込めて・・・。

明日よ!ハレルンヤで〜。

2つの世界
2つの世界 posted by (C)いむっち



(だんな)
posted by 仏ッチ at 18:40| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月05日

ISSを探して

ISSを探して
ISSを探して posted by (C)いむっち

ISSの日本上空通過を見届けよう、と公園へ。

日中は日差しが痛いほど晴れていたのに雲が出ている。
東側に見えているはずの「ストロベリームーン」満月もお隠れに。
西北西は辛うじて空が見えていたので見え初めに期待したのだが、
何も起こらず2分経過、4分経過、5分・・・もう行っちゃったね・・・

次回はきっと見届けるぞ!
雲の向こうに手を振りました(´▽`)ノ~~~

(およめ)
posted by 仏ッチ at 23:01| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

銅色の下弦の月

銅色の下弦の月
銅色の下弦の月 posted by (C)いむっち

地平線から顔を出した月は半分欠けていました。
そして、銅色の月。

とても妖艶でした。

魅力的だ。。。。




なんか悩みを聞いてくれそうなお月様。
いい助言もいただけそう。

少しずつ地球から遠ざかっているとは信じられず、
ずーっと地球のまわりを周り続けてほしいと願うばかりです。


(だんな)
posted by 仏ッチ at 07:16| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

一直線に!

火星月土星木星
火星月土星木星 posted by (C)いむっち

下弦の月を見ていたら、明るめの星が周りで瞬いていました。

左から火星・月・土星・木星

太陽系のスターが勢ぞろい!

あと金星がいたら、肉眼で見られる惑星と月が揃ったのだが。

手には届かないが憧れの存在。

宇宙って素晴らしい!!

(だんな)
ラベル:一直線 太陽系
posted by 仏ッチ at 23:25| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月10日

月はロマン

クレーターは芸術
クレーターは芸術 posted by (C)いむっち

望遠鏡を使って一眼レフでさらにズーム。

ディスプレイに表示しているのをスマホで撮影。

月と宇宙の境目を見るとワクワクしますね。

暗闇に可能性を感じます。

写真や動画を撮影することしかできませんが、
宇宙という媒体の一助になればと。

あなたのし。

(だんな)
posted by 仏ッチ at 18:36| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月08日

月明りは心を落ち着かせ郷愁を誘う

十六夜の月クレーターに宇宙を感じる
十六夜の月クレーターに宇宙を感じる posted by (C)いむっち

今日は十六夜 季語は秋
でも5月初旬の十六夜も、肌寒い風と生暖かい空気が
混ざりあって、秋ともとれる夜の風景

コロナ期となりぬれど、月は淡々と回り続け、月明りは地面を照らし続ける。
静かな夜に響き渡るシャッター音は、イケないことをしている感覚を覚える。

星景写真とは、人々が寝静まってから、宝のような星空を我が手元に持たせてくれる
とても素晴らしい趣味だと、月を久しぶりに撮影していて改めて納得してしまった。



静かに宇宙の海を動いている様子がわかるだろう。

つい最近は、久しぶりに大型彗星になるかと期待できるすい星が現れ、
5月末頃には大きな尾っぽを見せてくれるものかと期待した。

しかし、もう少しのところで彗星の核がバラバラになってしまい、
アイソン彗星の仇を打つことができなかった。

これもまた宇宙のファンタジックなところである。

月を見ながら思う。

コロナ期が過ぎたら、また楽しく星空の写真を撮りたいものだ。

(だんな)
posted by 仏ッチ at 22:13| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月03日

崩壊・・・!

楽しみにしていた「アトラス彗星」が崩壊・・・!

「アイソン彗星」のリベンジを誓っていた星っ子(だんな)は只今ダメージを受けております。
回復までしばらくお待ちください・・・

(およめ)
posted by 仏ッチ at 22:01| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月28日

金星バチバチ

トワイライト・スター
トワイライト・スター posted by (C)いむっち

金星が等級を上げています。
暮時にはもう存在感バチバチ。

(およめ)
ラベル:4月末 2020 金星
posted by 仏ッチ at 19:10| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月25日

金星と繊月のランデブー

ランデブー
ランデブー posted by (C)いむっち

この日は二日月(ふつかづき)。
「繊月」というそうです。
きれいな呼び方です。
ピカピカの金星はこの4月後半は特に明るいそうな。

日没後の西の空。
風が冷たかったのでクリアに見えます。
得した気分です。

(明日はもっと近づくらしい(´▽`)およめ)
posted by 仏ッチ at 18:30| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月10日

嘘みたいに

グラデーション
グラデーション posted by (C)いむっち

嘘みたいに大気は穏やか。

(およめ)
posted by 仏ッチ at 18:00| Comment(4) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月08日

スーパーピンクムーン2020

スーパーピンクムーン2020
スーパーピンクムーン2020 posted by (C)いむっち

4月の満月はスーパームーンになりました。

地平線から上がってきたばかりの大きなはちみつ色の月も良し、
深い時間の高く上がった煌煌と輝く月も良し、
月は良し、です(´▽`)

(およめ)
posted by 仏ッチ at 00:00| Comment(4) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月11日

ワームムーン+0.5

ワームムーン+0.5
ワームムーン+0.5 posted by (C)いむっち

3月の満月は「ワームムーン(芋虫月)」というんだって。
月齢15日と半日分のお月さま。
スマホ撮影の限界ですが、
雲間から上がってきた綺麗なお月さまです。

(およめ)
posted by 仏ッチ at 20:30| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月01日

お楽しみはとっておく派

天文学会講演会
天文学会講演会 posted by (C)いむっち

超ビッグネームのお二人のお話が聞ける予定の講演会。
延期とのこと。
もちろん納得。
でもこんな忙しそうなお二方が揃うスケジュールがこの先あるのだろうか・・・(;´Д`)ハテ?

まずは収束して多くの人が安心して出かけるられるようになってから、ですね(´▽`)
のんびり待ちます(´▽`)

(およめ)



posted by 仏ッチ at 16:49| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月27日

the evening star

金星と四日月
金星と四日月 posted by (C)いむっち

日没後のトワイライトタイム。
散歩の帰り道、四日月と金星。
強い風と冷え込みで冴えています。

スマホでも結構撮れるんだなあ。
ズームして見てみたら、
地球照も撮れていました。


(およめ)

posted by 仏ッチ at 19:02| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月10日

2月の満月はスノームーンというらしい


スノームーン
スノームーン posted by (C)いむっち

2月の満月はスノームーンというらしい

風が強くて寒かったので、綺麗な満月と富士山。

スノームーン時の富士山
スノームーン時の富士山 posted by (C)いむっち

身体が締まるね。

(だんな)
posted by 仏ッチ at 11:33| Comment(2) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月31日

大晦日の三日月と金星と富士山と

三日月と金星2019末
三日月と金星2019末 posted by (C)いむっち

大晦日の月と金星と富士山
大晦日の月と金星と富士山 posted by (C)いむっち

令和元年もあと数時間

寒さが厳しくなってきた半面、きれいな写真も撮れますね。

月と金星と富士山が斜めに一直線

神秘的な気持ちになりました。


(だんな)
ラベル: 金星 富士山
posted by 仏ッチ at 18:37| Comment(2) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月17日

スッキリした夜空は気持ちがいい。

お城と月
お城と月 posted by (C)いむっち

夜は寒くなりました。
月明かりが眩しくなって、星の瞬きもきれいに見えて、
気持ちがスッキリします。
疲れたなと思ったら空を見て気分転換!

(だんな)
ラベル:スッキリ 夜空
posted by 仏ッチ at 22:22| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月06日

月と木星、あかるいわ〜

月の右下に木星
月の右下に木星 posted by (C)いむっち

月が木星に見かけ近づいた。

明るいのでキレイだ。

月と木星
月と木星 posted by (C)いむっち

月美人にほくろがある感じ。

色っぽいねー。

雲間でもわかる月と木星の明るさ!
雲間でもわかる月と木星の明るさ! posted by (C)いむっち

(だんな)
posted by 仏ッチ at 23:07| Comment(0) | 宇宙 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする