2014年07月05日

寝不足増長剤?

あわわわわ・・・


ツールドフランスも始まりましたよ(;´Д`A


眠ることは許されないのか・・・︎


いやいや寝ますけどね( ´ ▽ ` )ノ



2014年05月19日

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会(取手競輪)

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会
第61回全日本プロ選手権自転車競技大会

オリンピックイヤーが近づくと、選手選考レースにもなっているくらい大きな自転車レースが
行われるとのことで、取手競輪に行ってきました。
なんと、茨城では1974年以来40年ぶりの開催とのことで、他人事とは思えませんでした。

行ってみると、競輪場の表はガラガラ・・・。
やってるのかな?と恐る恐る入ってみると、実況の声が聞こえてきました。
ほっとして観客席に行ってみると、またほとんど人がいません。
平日だから仕方ないのかなとはいえねぇ〜。

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会


しかし、バトルはすごく、早いのなんのって太ももが踊ってましたよ。
太い!!!

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会


第61回全日本プロ選手権自転車競技大会


第61回全日本プロ選手権自転車競技大会


第61回全日本プロ選手権自転車競技大会


第61回全日本プロ選手権自転車競技大会


第61回全日本プロ選手権自転車競技大会


先導マンのサイクルジャージがナントカ戦隊みたい
先導マンのサイクルジャージがナントカ戦隊みたい

以下のレースを見ました。
【男子】1キロタイムトライアル・チームスプリント・ケイリン・4km個人パシュート・スプリント
【女子】アザレアカップ

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会


第61回全日本プロ選手権自転車競技大会
選手もレースを見ていたりする

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会
花束贈呈ガールズ

なかでもチームスプリントは面白かったです。

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会
チームスプリント出走前

3人目がゴールしたタイムで競うのですが、一人目と二人目が引っ張っていくところ、
3人目がラストスパートでどれくらい早くゴールできるか。

ディフェンディングチャンピオンの中部チームを、
ラスト走者の四国チームが僅差のタイムで逆転したときの高揚感はすごかったです。

ケイリンも初めて見ましたが、最後に釣鐘がなってからのデットヒートは面白いですねぇ。
ちょっとはまりそうです。

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会
女子選手は明るくてカワイイジャージ

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会
アザレアカップ

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会
男子ケイリン決勝

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会


でもギャンブルはほどほどに(笑)
ちなみに、最終レースのケイリン決勝で、なんちゃって予想をしたところ、
(およめ)は見事1位2位を当てました!!
私は3位ともう一人は何位かわかりませんでした・・・。

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会
車券発売はありませんでしたので真似事だけ

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会


競輪場の雰囲気は、サッカーJ2水戸戦の雰囲気と似ていて時間がゆったりと感じられ、
流行って欲しい気持ちと、このままでいて欲しい気持ちとハーフハーフでしたね。

近場で面白いところ見つけちゃいました(^^)

第61回全日本プロ選手権自転車競技大会
入口にかわいいイラストがあるの、きっと知らないんだろうなぁ。

(だんな)

2014年03月28日

自転車用ヘルメットの収納方法

玄関のシューズクローゼット脇のデッドスペース。

棚を置くにも、細くて使い勝手がいまひとつ。悩みの種でした。

が、ふと思い立ってつっぱり棒を使って見せる収納をトライ。

これがなんかいい具合にハマりました

IMGP7507.JPG
(上:だんなちゃん用 下:およめ用)

使う時はさっと出してかぶれるし、しまう時も帰ってきて脱いだら置くだけでそのまま収納になります。

使用後の汗なども飛ばせて衛生的!

サングラスなどのアイウェアもかけておけます。

これはいいかも

2013年10月26日

さいたまクリテリウム by ツールドフランス観戦記 @

さいたまクリテリウム by ツールドフランスを観戦して来ました!


残像!風!ギア音!


世界のトップ選手達の走りを間近に体感して感動の(だんな&およめ)です!


レース後、選手たちにハイタッチ(あえての右手です勝ち誇り)してもらい手(パー)手(パー)きらきら


(およめ)の怪我が早く治るよう、ご利益をいただきました( ´ ▽ ` )ノ


トップ選手のグローブはふかふかでした!さすがやなぁ( ´ ▽ ` )ノ


※レースの様子は別記、(だんな)ちゃんがリポートする予定。たぶん(笑)

(およめ)


2013年05月23日

ツールドさくらがわ2013

6年ぶりくらいに、ツールドさくらがわ90km参加しました。
前回参加したときより距離が10km位のびたみたいでしたが、ほぼ同じルート。

めったに走ってないにも関わらず、いきなり90km はキツかった( ´△`)

とくに栃木県ごえでばててしまった…。

やっぱり日頃乗っとかないと…。





ゴール後、そばで打ち上げ。


(だんな)

2012年09月26日

TOKYO CITY CYCLING 2012 当日C

全く雨が止まず、それでも暖かい感じがする不思議な気候のなか、隅田川沿いを南下。
両国に入りました。
おー今日は相撲の千秋楽じゃん!国技館前は人だらけした。
目の前にUターンしてくる黒ずくめの大きな車が・・・。
止まって見てみると、ドアがあいて紫の番傘がバサッと開いて中から力士が出てきました。

「かっかっこいい(はあと)」

十両力士だと思いますが、かっこいいです!粋だねぇ!

IMGP3602.JPG

国技館近くのT字路を、自転車で初めて車道の右車線に入って右折するという、ドキドキも経験。
皇居前を通過して赤坂へ向かい、神宮外苑の自転車周遊を通ってゴール!

ずっと雨でした・・・。

バナナを食べているとビデオカメラを持っている人にインタビューされました。
そして、安田大サーカスの団長のトークが始まりましたが、寒さと雨に耐えられず、
車があるNSビルに向かうことにしました。

代々木経由で都庁前まで土砂降りで走り到着〜!
イヤー雨はきつかったが楽しかった!

コースは楽しめたと思います。
東京タワー、スカイツリーの麓を走り、観光スポットもよかったですが、
アップダウンが少なく、サイクリングとして走りやすかったと思います。
しかし、晴れてたほうがよかったー(苦笑)

おしまい。

(だんな)

・・・そして、
これはサイクリストとして注意喚起しておかなければならないであろう・・・。

「NSビル駐車場一悶着事件」につづく

2012年09月25日

TOKYO CITY CYCLING 2012 当日B

止むどころか、どんどん強くなっていく雨のなか、第2エイドステーション「墨田区役所」へ
出発しました。
スカイツリーを初めて間近で見られるぞ!と楽しみにしていましたが、こんな雨では・・・。
と少しやけになりながらも、びしょぬれになりながら汐留を進みます。
これが築地市場かー。近代的な建物の間に時代に取り残されたような、でも活気がある。
予定があるようだが、個人的には立て直した方が・・・と思ってしまうくらい・・・でした。

晴海大橋を豊洲方面へ渡ろうとしたとき、横殴りの雨が!
いたい!いたい!、ひどい雨だ。しかし、何か温かい。
毎回いつも辛そうな(およめ)は、あり?ってくらい難なくこの橋をクリア!
前も見にくいスゴイ降水量の雨の中、滅入ってしまいました。

ビックサイト前からは、東京ゲートブリッジがかすんで見えましたが、
晴れているときに見たかったなー。

IMGP3591.JPG

プロレスリング・ノア道場前を通過して、豊洲から江東区を北上。
結構長い距離を走り、念願のスカイツリー前を通過!

スカイツリーの周りは、昔からの下町が残り、少々浮いた感じを感じました。
この周りも開発した方がいいか、それともそのままの方がいいのか。。。
まーいいや!エイドステーションについたらスカイツリーの写真とろーっと。

IMGP3599.JPG


「墨田区役所」についたら、スカイツリーが全く見えませんでした。
どこから見るのか。がっかりです。

トイレ休憩しましたが、区役所は業務をおこなっていて区民もいましたが、
底にずぶぬれの格好で区役所内を移動するのは、すこし気が引けてしまいました。

IMGP3594.JPG

バナナを食べて、やっぱり土砂ぶりの中、ゴールの神宮外苑へ自分の気持ちにむち打って
出発する、若干疲れぎみの我々でした。


(だんな)


2012年09月24日

TOKYO CITY CYCLING 2012 当日A

都庁前スタートしてすぐに、レーシー女子は去っていってしまいました。
代々木公園近くまで、車道の左路線がパイロンで規制されていて、
ビックリしました。前回以上に長い規制区間・・・・。感動です!

規制区間が切れてすぐに代々木公園内のサイクリングロードにはいります。
雨が小康状態になってきて、さわやかな森の中で気持ちがいい!
公園を抜けて原宿まで行くと、先行者がいてホッとしました。
「やっと大会が始まった気がした・・・(涙)」

表参道はまだ静かなもんで、午前中のサイクリングを楽しんでいました。
どうだ!おしゃれだろー!
六本木付近は、昭和のおしゃれアパートや美術館、おしゃれなお店が建ち並び、
セレブリティになった気分にさせてくれました(気分ですけど何か!(怒))

雨が全くやまないまま、第1エイドステーション「東京タワー前」に到着〜。
近くで見る東京タワーはかっこいい!まだまだスカイツリーには負けんぞ!

IMGP3577.JPG

ちょっと興奮しながらシャッターを押しまくったのでした。
ここまで走り終えて、雨が冷たく感じることなく、快適に走ることが意外にも出来てビックリ!
(およめ)も調子良さそうでした。

トイレ休憩をして、最後尾の旗印を背負っている番人が来る前に、先を急ぐ我々なのでした。

(だんな)

つづく

2012年09月23日

TOKYO CITY CYCLING 2012 当日@

「TOKYO CITY CYCLING 2012」当日。
8時に起床!・・・ってだめじゃん!
というのも、我々は7時30分にコースをスタートする事になっていました。
しかも、最終チームの受付時間が9時15分!
悲鳴を上げながら荷物を積み、車で出発!

ナビで到着時刻を見ると、ギリギリ最終の受付時間までには間に合いそう。
交渉力がプロ級の(およめ)に実行委員会へ電話をかけて、
最終組へ入れてもらうお願いすると、難なくクリア!
なんて優しいんだあああああ(号泣)
豪雨のなか都庁へ爆走するのでした。

高速も奇跡的に渋滞にはまらず、(およめ)高級ネゴシエイターにより、遅れても参加できました。
というか、実行委員の方々、ありがとうございます・ごめんなさい!

会場に行く前に車を止めたNSビルの駐車場で一悶着ありましたが、それは後ほど・・・・。

何はともあれ、最後尾の赤旗を掲げた実行委員の方。レーシーな女性サイクリスト、そして、
我々チームピオリム夫婦、都庁前のスタート地点へ向かい、
我々とレーシー女子と3人で横一列ならんでスタートの合図を待ちました。
土砂降りでギャラリーは誰も居ず、インタビューを受けるも誰も聞いているギャラリーは居ず。
ホラ貝の合図で飛び出すもギャラリーが誰も居ず・・・。

寂しいスタートとなりました(爆笑)

IMGP3623.JPG

IMGP3612.JPG

つづく。

(だんな)

2012年09月22日

TOKYO CITY CYCLING 2012 前夜祭

大会参加に向けて、
サイクルジャージ、バッグを新調♪( ´▽`)
(気付けばここ数年いつも同じ格好で走っていることが発覚)

image-20120926001346.png

昨年は参加できなかったので今年の参加を楽しみにしていました。

がしかーし、天気予報は無情にも「雨雨!」。
蘇る昨年秋のサイクルトレインの悪夢( ;´Д`)。

果たしてどうなるのか?

つづく。